🌷子宮鏡検査とは?

子宮鏡検査のないAクリニックに通っている為、カメラをしに前のFクリニックへ。

子宮の中に直接ファイバースコープを入れて中の内膜の状態などを確認します。

子宮の奇形や癒着、ポリープの有無等。

時期は生理直後〜排卵前とかなり限定したタイミング。内膜が厚くなる前に行う検査です。

カメラを入れるだけだと思い甘くみていましたが、見やすくするために生理食塩水を入れることで重い生理のようなずんとした痛みが続きます。痛みと気持ち悪さで筆者は冷や汗と目の前ぐるぐるが始まりましたがNsに嘘をついて大丈夫と言い続けました。笑

数分の検査ですが、なかなか辛かったです。

痛み止めには余計なお金をかけないよう事前にロキソニン持参し検査直前に飲みました。

❣️痛みに弱い方はボルタレンの方が効きますので処方をしてもらいましょう。

今回何を見たかというと、前回の子宮鏡検査では内膜ポリープがある事とマイクロポリープという慢性子宮内膜炎の所見があり昨年治療したので、その後内膜ポリープはポロっと取れていないか(取れていたら嬉しい)、慢性子宮内膜炎を再発していないかの確認でお願いしました。

本来、慢性子宮内膜炎はCD138という検査で確定診断をするのですが、保険適応期間では出来ないとのことで先進医療のEMMA/ALICE検査にしましょうと提案され予約し今日に至ります。

しかし!

他院で治療していることも含め事前に全部お話ししていたのですが、痛い検査をしたあと2時間待たされてまた診察室へ呼び戻されて、他院で治療計画立てている人は先進医療としてEMMA/ALICEが出来ない、検査は無かったことにしましょうと言われました。

カメラと内膜炎の検査をしたくてわざわざ事前に相談したのに。最初からそう言ってくれと、本当に時間の無駄になってしまいました。

初めのころお世話になっていてデータも残っていると思い来てみたのですが、院長先生もストレスと痩せが原因だと言うくらいの曖昧な先生で次なる提案をしてくれなかった事、今回の件もあったので、もうこちらのFクリニックに来るのはやめようと思いました😞


投稿日

カテゴリー:

投稿者:

タグ:

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です